インタビュー

トリマー

  • HOME
  • トリマーインタビュー

インタビュー

インタビュー

トリマーインタビュー

進野 皆美さん
大分愛犬美容学院卒業
大分県出身
大分県内のトリミングサロンでの勤務後、
千里桃山台動物病院のトリマーとして入社

インタビュー

当院のトリマーとして働くにあたり

美容の仕事だけでなく、病気のことや動物の健康状態をチェックすることも動物病院のトリミングサロンには欠かせません。トリミングしながらわんちゃんと触れ合い、病気の早期発見をすることもトリマーの大切な業務です。当院では持病を持っている動物たちに対して高度なトリミング技術も必要となるため、知識豊富なトリマーが多く在籍しています。

千里桃山台動物病院に入社したきっかけ

ペットショップ併設サロンや個人経営されているサロンで何年か働いていましたが、大きな動物病院で医療知識も兼ね備えたトリミングをしたいと考えて転職をしました。業種間は関係なく連携が取れている職場ですので、トリマーとして技術だけでなく医療知識も成長していると実感できています。

入社してみて思ったこと

とにかくチームワークが良いことです。大きい動物病院なので多くの人が働いていますが、礼儀正しく思いやりのあるスタッフばかりなので、当たり前のことが当たり前にできるという感じです。一緒に働く仲間で想い合えているので、ご家族の方にも伝わっていると思います。

仕事で大切にしていること

報告・連絡・相談の「ホウレンソウ」はしっかりとするように心掛けています。動物たちの命を預かる現場なので、トリマーは医療については関係ないという感覚では仕事ができません。トリミングをしていて疑問に感じることがあればすぐに獣医師や動物看護師に診てもらうようにしています。

就職・転職活動をされている方へ

動物病院なので普通のトリミングサロンのみのお店とは違い、シニア犬や足腰が弱い子も多かったりします。ただキレイにしてあげるというより、動物の健康面もトータルでサポートしたい方にはとても向いていると思います。トリマーのお仕事に関して聞きたいことがあれば、お気軽にご連絡ください。

千里桃山台動物病院 All Rights Reserved